ゆるーいのがいいね

長い療養休暇から仕事復帰に向かう境遇でのブログです。

就職戦線、3歩進んで2歩下がる

先週は、今シーズンで最も気温の高い状態、朝から猛烈な暑さでした。

天気予報でも、しきりに「高温で危険な状態…」というフレーズで呼びかけていて、初めて聞きました。それほどこのところの暑さは尋常ではない、不要の外出は控えるべき空模様です。

 

19日木曜日は朝からまわるところが何か所かあり、クルマで行動しました。大阪市内の移動は、基本的に電車が多いのですが、目的地のうち何か所は無料の駐車場があり、しかも暑いのでそうしました。

午後になって、ハローワークを目指していくと、辺りのコインパーキングはどこも『満』表示!この界隈で何かやっているのかな?なんて思いながら、ハローワークが入っているビルの地下駐車場に差し掛かると、珍しく『満車』の表示!

いやー、これまた初めて見ました。そこそこのキャパシティーの駐車場にも関わらず満車とは…。

通りすぎて、改めて付近のコインパーキングをあたってみても、結果はどこも満車でした。

ひとつ用事を思い出し、ハローワーク周辺から離れ、用事を済ませて再び戻ってみると、やっと一台分が空いていて、何とか止めることができました。約1時間ど費やしました。

 

歩いている人からすると、クルマなんて天国ですが、古い軽自動車の真っ昼間の走行では、全然涼しい風が入ってきません。

おっと!軽自動車のハナシに脱線してきたので、ハローワークに戻します。

 

応募してみようかな?という求人を1件見つけ、良かった!苦労して来た甲斐があった!と喜びました。

実はその前の日、2件の応募先から電話と郵便で『不採用』の通知が来て、凹んでいた折りでした。

「なにかの転職エージェントに、平均6件の応募…と書かれていて…」とハローワークの担当者に話すと、

「たった6件で決まるなんて、そう甘くないよ!」と一喝されました。

それを聞いて安心しました。もっともっと応募しなきゃ。

これはまさに自分を売り込む『営業』なのだと、再確認しました。

 

負けたらアカン。春先に昔担当していたお客様から言われた言葉を反芻しつつ、『アカンのは、自分にKOすることや!』と。でもこれが自分との闘いなのよ人生は、というところで終わります。