ゆるーいのがいいね

長い療養休暇から仕事復帰に向かう境遇でのブログです。

言葉の壁を取り払うために

先日のブログの続きです。

近所に住む外国から移り住んでいる家族とは、一緒に遊んでから、預けている保育園は離れても、大体同じ時間に迎えに行くからか、今週は2度会いました。

帰り道で、うちの子は好き嫌いはありますか?と聞いてくるので、やっぱり悩んではるんだろうなあと心配になりました。

うちに遊びに来てくれた時、お母さんがこぼしていた、子どもの食事とミルクのことはやっぱり看過できない問題です。

そこで、子育て相談をなっているところに行ってみることにしました。

質問すると、

「週に何日かは英語を話せる担当者がいますので、日が合いましたら是非来てください」という回答でした。

その事を早速お父さんに伝えると、是非行きたいです!と即答されました。

適切なアドバイスをくれたらそれに越したことはないけれども、仮に相談員も分からないことがあれば、それを適切な施設や設備を紹介してもらえそうでした。

 

日本語もなんとか通じるお父さんですが、わたしも言えるところはカタコトの中学レベル英語で話します。やはり真剣につたえようとすると、昔習った名詞やイディオム、動詞、形容詞などが、よみがえってくるのを感じます。

その家族は日本に住んではいるけど、夫婦共々忙しく働いていると、子育てに関する地域の取り組みとか、緊急時の対応などの情報は、わたしたちは日本に住んで日本語で話すのでなんてことはないですが、そうでなかったら、ほとんど入ってこないのが実情です。

言葉の壁を取り払うことは、インバウンドに特化した政策というのが前面に出てくるため、実は深刻なこととも言える日本に在住する人達のためにできることって無いかなあなどと考える一日でした。