ゆるーいのがいいね

長い療養休暇から仕事復帰に向かう境遇でのブログです。

ハローワークにリクルート

昨年、起業だの介護タクシーだのと模索していたのが懐かしく、弥生三月も中盤に差し掛かりました。

会社の多くは年度末で、普段より業務の流れが慌ただしくなっている瞬間を時々感じます。

お疲れ様でございます。

 

さて、わたくしは明日とあさっては転職活動イベントの2DAYSになりました。

明日100社ほどが集まる合同就職説明会とリクルート社の就職相談に行ってきます。

あさっては、ハローワーク主催の『面接の基本セミナー』があります。

先月も半ばに合同説明会が立て込んでいた時があって、まだ今ほど気合いを入れずというか、選び方とかが分からず漠然としたまま参加したものですから、ほとんどのブースをスルーしてあっさり終わって帰ってきました。

その帰りに、3月にも合同説明会があるなあと会場でチラシを持って帰っていった時は、まだまだ先だねとか思っていたのが、もう明日に開催、ころっと忘れていました。

 

しかしながら、ぼちぼちと面接を受け始めたりしていくと、いくら今は企業が人手不足で求職者の売り手市場とは言え、就職戦線はそう甘くないと実感すると、先月のような漠然とはならず、ぼんやりと道しるべを見ていけそうです。

なので、気になるブースには、とりあえず座って、話を聞いてみたいです。

 

午前中に合同説明会を済ませたら、昼イチに初めてリクルートの面談を受けに行きます。

これまでは、ハローワークに通ってアドバイスを受けていましたが、別な角度でアドバイスをしてくれたらいいなあと、期待しています。

ハローワーク系の求人は中小企業がメインで、リクルートマイナビなどの民間の就職エージェント系は、大企業から中小企業まで様々な企業の求人をあっせんしています。

個人的には、企業の大小はあまり関係ないと思っています。

大切なのは中身です!

  • コンスタントに利益を上げている企業か?
  • ワークライフバランスを考慮している企業か?
  • 転居に伴う転勤がないか?

など、こういうことを吟味して見極めるチャンスは、今しかないのだから、できる限り満点の企業を選んでアタックしたいです。

探せば必ず有る!と強く信じていれば、きっとみつかると信じて求人情報に目を通しています。

そこまでやっていても、いざ入社してみたら、何かしらの問題点が潜んでいたりするものです。それは、給料を持って帰るために、貴重な自分の時間を対価として差し出しているのだから、当然何かしらの利害関係にしろ、強い者弱い者が出てきてしまうのが会社組織です。

 

いずれにせよ、人生始まって以来の転換期に、会社とのお見合い活動を、悔いのないようにやり遂げたい思いで日々過ごしています。