ゆるーいのがいいね

長い療養休暇から仕事復帰に向かう境遇でのブログです。

元号が変わる

明治、大正、昭和、平成ときた明治維新後の元号。これが昨年夏に天皇陛下のビデオメッセージにおいての対応に、来年に元号が変わって、摂政となられると言われています。

昭和生まれのアラフィフが子どもの頃、その二つ前の明治という元号時代に与えられた“明治”生まれの人は、まだまだたくさんいて、子どもの頃、家のまわりの高齢者にも明治生まれが一定割合居ました。

そして、昭和より二つ前の元号、明治生まれの人は、密かに昔の人やなあと、いい加減に決めつけていました。

 

そして、30年40年の歳月が過ぎて、今度はわたしがいい加減な決めつけに遭う方になりました。

新しい元号が再来年ごろ発布され、数年もしないうちに元号の比較で、おお!恐ろしい。ふた世代古くなる昭和生まれは、完全にじいちゃん呼ばわりされそうです。

平成も30年経つと、同僚にせよ友人らにせよ、昭和生まれなら問題ないのですが、平成20年よりあとに産まれた若者からだと、おっさんを通り越してじいちゃん呼ばわれされそうです。