ゆるーいのがいいね

人生折り返し地点に思うことや好きなことを連ねます

新聞離れが止まらない

我が家もとうとう新聞をストップしました。

実家にいるころから、いろいろな新聞を渡り歩いてきて、それなりに親しんできたのですが、ほとんど読まなくなり、テレビ、ラジオのニュースか、インターネットニュースで日々の状況を最小限掴むのがやっとの毎日となりました。新聞購読で直接的に良かったのは、近所のスーパーのお買い得情報を見て安い時を狙って買うということくらいです。

もちろん新聞は読むと、ニュース記事ばかりでなく、社説にしろ、経済面、国際面、地域の面など多彩な情報が掲載されていますから、ニュース番組だけにとどまらない知識が頭に入ります。

 

活字に親しむ機会としては、あと本があります。こちらも、書店での購入はめっきりしなくなり、図書館で借りてきたものを読み、よほど気に行った本は、メルカリとかで購入しています。

友人から聞いてびっくりしたのはアマゾンで、中古の本は、1円から売っているということです。こればかりは、安すぎて配送料だけではくれているのかな?と疑問視してしまいます。

販売価格のことは伏せて置き、配送する運賃が安すぎてあきれているという声も聞きます。

 

 過ぎたるは猶及ばざるが如し

無理も過ぎれば己に帰る

 

祖母が生前よく唱えていたことわざが、頭をよぎります。

 

 


にほんブログ村