ゆるーいのがいいね

長い療養休暇から仕事復帰に向かう境遇でのブログです。

資格取得の道

ついに、今所属している会社との決別を意味する動きに出ました。

介護タクシー業界で、必要不可欠な普通自動車二種免許(普通二種と略します)と、不可欠まではいかなくとも、持っていた方がいいと言われる介護職員初任者研修(2013年3月まではホームヘルパー2級という資格でした)を取る方向に向かいました。

f:id:kunohetou:20171019234640j:plain

 

自動車の運転免許のことは、大体わかるのですが、介護そのものについての資格や実際の現場のことは、全くの初心者です。

ただ、直接的に、そしてガチに社会貢献できるものだとは思います。

介護タクシーのことは今のところ、誰に聞いても「いいんじゃない」と、好印象な風に捉えられ、その気になっている自分もいます。

 

運転免許は、自動車学校ではなく、試験場飛び込みでチャレンジします。先週に学科試験があり、なんとか合格しました。

今では、インターネットで学科問題を解くができ、ほぼ一夜漬け&当日の朝も試験場で、必死に詰め込んで解いていました。

そして、ここからが本当に難しい技能試験です。

実は今日がその受験日だったのですが、昨夜から妻子どちらかの風邪がうつったみたいで、悪寒と頭痛でとてもクルマの運転どころでなく、延期しました。当日の延期申し出なので、受付の始まる朝9時ピッタリに電話し、次の受験日を決める段になり、試験場の方から、「一番早い日程は、23日月曜日です。」と案内され、スケジュール帳をめくり、何も予定が入っていなかったので、はい、わかりました!その日でお願いします。と明快に返事し、まあ、週明けには調子も良くなっているだろうくらいな気持ちでいました。

ところがどっこい、夜になって天気予報を見た時、日曜日から月曜日にかけて、台風には十分注意してくださいとしきりに呼びかけている気象予報士に、ハッと我に帰り、しまった!その日は技能試験や!と気づきました。嵐の中の試験、ただでさえ難しいのに、わざわざそんな日に受けることはないですよね!

また明日電話します。

 

介護職員初任者研修についても、昨日、ニチイ学館というところへ申し込みに行きました。こちらもまたいろいろありそうなんですが、これについては、折を見て書きたいと思います。

 

いろんな意味で、これまでの準備期間だった『静』から『動』へと動きだした感じがし、その原動力は、9月に受講した『創業塾』のおかげだと思います。そこで出会った人達から、いろんなヒントやパワーをもらって、今がある気がします。

やったことのない創業、起業ということも、既に起業し始めたばかりの人から、教えてくれたり、起業に向けて動いている人と情報交換してみたりと、単なる座学で終わらないそういったことが、何より大切で、有難いことです。

 

 


にほんブログ村