ゆるーいのがいいね

長い療養休暇から仕事復帰に向かう境遇でのブログです。

京都の『プラスホーム』さんで、起業の話

 

朝から京都へ

 

 今日も、通勤電車に揺られて京都へ。

 精神科受診の日でした。内容としましては「なかなかこれ!と言える仕事が見つからずにいる」と、胸の内を伝えると、主治医から「前から言うように、焦らず熟考して仕事のことを決めたらいい。いろんな本を読み、いろんな人に話を聞き、自分で決めること」と、今のやり方に間違いではないと言ってくれ、安心しています。もちろんそれに甘えていては、収入ゼロの期間が延び、やがて財政破綻するので、そのリミットだけは肝に銘じておかなければなりません。

 

株式会社プラスホームさんを訪問

 

 ちょうど昼に診察が終わり、今日ははてなブログで読者登録している同じく京都の『株式会社プラスホーム』さんという不動産会社へ、突然伺うことにしました。

www.plushome-kyoto.jp

 

 駅から歩いて15分くらいのところに事務所があり、事務の方に事情を伝えると、あいにく社長は外出中だったので、すぐに連絡を取って頂くと、10分ほどで戻ってこられました。

「突然お伺いして申し訳ありません」と、アポなしで失礼なわたしを、社長は笑顔で「たまたま近くにいたので、全然気にしないでください」と、快く迎え入れてくださいました。

でもお忙しい中、ほんとにすみませんでした。

 いろんな人からの生の声ほど説得力は大きく、社長が起業されたいきさつなど、めちゃくちゃ貴重なお話を聞くことができました。

 そしてずっと書かれているブログ通り、地域を顧客を大切にされいることが、言葉の端々に滲み出ていました。

  こちらが、プラスホームさんのブログです。

    ↓  ↓  ↓

plushome.hatenablog.com

 

 

シェアオフィス、コワーキングスペース

 

 そこで話題となったのが、『シェアオフィス』という、新しいビジネススタイルの形です。これは、先週の地方創生フォーラムでも、ソフトバンクさんが紹介していて、ますますこういったスタイルの場の提供が、ビジネスとして普及していくように思えました。

 ソフトバンクさんが導入しようとしているのは、とってもおしゃれな『コワーキングスペース』の提供で、アメリカのWeWork社と提携して、日本国内に展開するようです。それがこちらの記事です。

    ↓  ↓  ↓

www.softbank.jp

 

 そんでもって、WeWorkって何ぞや?に関する分かりやすい記事がありましたので、こちらをどうぞ。

    ↓  ↓  ↓

anywher.net

 

 こんなおしゃれなところなら、40代後半のおっさんでも仕事する気になれます!こういうコワーキングスペースで、パソコン使った仕事ができれば、もう毎日会社に出勤して、朝礼して、ミーティングなんてしなくても、ゆったりとした気持ちで仕事をスタートできそうだし、家から近いところにあれば、朝の支度も落ち着いてできそうです。

 しかし、こういったオフィススタイルの目指すのは、異業種の人達同士が、この空間で情報を共有し、課題に取り組んでいく姿が、素敵過ぎやしませんか?わたしは大歓迎です。

 

 起業したもの同士、そしてもちろん企業で働いている人も一緒になって、例えばその地域活性化のために、プロジェクトを立ち上げるとか、そんなこと、今までのような会社ごとの事務所にこもって仕事していては、到底できなかったことだろうし、異業種が集まることによる、アイデアというか創造力は、計り知れないものがあるように思います。

 まさに、コワいもの知らずのコワーキングスペース…。

 

 
にほんブログ村