ゆるーいのがいいね

人生折り返し地点に思うことや好きなことを連ねます

ウルトラセブン

 セブン~セブン~セブン~セブン~セブンセブンセブン…♫

 実は、KBS京都という京都のUHF局、そう、地上波で毎週水曜日の23時からやっているのを、先週たまたま発見しました。

 こんな古いウルトラシリーズは、CS放送とかDVDでないともう見られないと思っていたら、バッチリやっているではありませんか!忘却の彼方から、あのオープニングの影絵とか、一度聴いたら耳から離れない主題歌が、よみがえってくるよみがえってくる。懐かしすぎて鳥肌が立ちました。

 

ウルトラセブン - Wikipedia

 

 残念ながら、ウルトラマン世代よりも後の生まれで、リアルタイムのウルトラシリーズは、辛うじて『ウルトラマンレオ』以降になります。

 小学生時代には、再放送で『ウルトラマン』から『ウルトラマンタロウ』までを見ていましたので、一応ついていける世代で、当時はそれなりに熱狂してテレビにかじりついていました。

 それにしても30年ぶりくらいに(この年になって)地上波でウルトラシリーズを観れるなんて、夢のようです。

 

 なかでも、このウルトラセブンは、内容的に他のウルトラシリーズよりも秀でているというコメントをよく見聞きします。ですが、正直わたしは小学生の時に見た記憶しかなく、その頃は内容というより、派手に戦うシーンや、ウルトラ兄弟が集結したりと言った、子ども受けする部分の印象が強く、深い内容などと言ったストーリー性などは覚えていません。むしろウルトラセブンは、地味だった印象があります。そこが、単に悪い怪獣と戦う他の作品とは違うところなのでしょう。

 30年ぶりのウルトラセブンで、まず感じたのが、うん!レトロだ。地味だ。特撮もアナログな感じが十二分に堪能できます。まだ20話と21話しか観てませんので、いろんなメディアが絶賛するようなストーリー性とかを、まだ堪能しきれていません。これからの展開が楽しみです。

news.mynavi.jp

 

 なお、これは偶然ですが、横浜の高島屋で、『ウルトラセブン 放送開始50周年』という特別展が開催されています。セブンファン必見です!詳しくはこちら

    ↓  ↓  ↓

www.takashimaya.co.jp