ゆるーいのがいいね

人生折り返し地点に思うことや好きなことを連ねます

高校野球が始まって

 夏の高校野球が始まりました。今年は第99回目となり、国民的イベントとなっている証で、春の選抜高校野球も入れたら、それだけでも野球好き民族の日本人だと言えます。

 

 昨年までは、仕事中クルマのラジオで聞いたり、独身時代は、お盆休みの長距離ドライブのお供に、ずっとラジオをつけっぱなしにしていました。NHKのラジオは、山間部やへき地を除いて全国で聴けますので、他府県に行く時はとても便利です。

 

 昨年は、ブログで何度も申していますように、うつ病発症で長期療養のに入る前で、ちょうど今ごろは同じ課員に業務やお客様の引き継ぎに奔走していて、高校野球どころではなく、本当に苦しかったです。よく、高校野球が始まったら、世間の空気はだんだん仕事モードから夏休みモードに移っていくから、商談するムードが無くなると言われていました。

 ところが昨年は、わたしが休むのを知ってか知らずか、例年になく商談が舞い込んできて、それも確度の高い話が多く、全くヒマになりませんでした。

 

 それを思うとたった1年で、随分と生活リズムが変わりました。日中は家にこもって、本を読み、ぼちぼち名刺をつくろうかと、インターネットの名刺サイトで、デザインを検討していました。

 営業職だった手前、名刺を頂く機会が多かったこともあって、my名刺なら、お客様から頂いてインパクトがあって、仕事を離れて1年たっても覚えているような感じのを作りたいなあと、ちょっと派手な色使いのものを何点かしぼりました。簡単なようで、始めて作るmy名刺、どうせなら妥協せずいろんなデザイン見本から選ぼうとしたので、思いのほか時間がかかってしまい、今日のところは発注までには至りませんでした。

 

 集中が途切れたころに、テレビで高校野球観戦しました。第一日目から、なかなか面白い試合でした。バッターに立つ、そしてサインを確認するピッチャーの真剣な眼差しに、今の私にはそれだけでパワーをもらっています。

 プロ野球と違って、トーナメント方式の高校野球は、一戦一戦を全力で戦っていくので、見ていて面白いです。

 チャンスと思いきや、ささいなことで大逆転するスリルも味わえるのも面白いですが、その時に起こる試合の『流れ』を見ているのが最近の球技全体の観戦ポイントです。

 『流れ』で起こる人間の心理作用って、なかなか侮れない、或いは、流れにこれ以上やられないようにするには、どういう行動や心がまえをしているか、そんなのをスポーツから教わります。

 

 まだ、どんな業種にするかも、ましてや屋号すら何も決まってないうちからの名刺、自分の名前やメールアドレス、そしてこのブログのアドレスぐらいを入れてまずは、自分自身を売り込もうと、そこにインパクトに残る名刺を渡して、最初の『流れ』をつくりたいなあ。