ゆるーいのがいいね

人生折り返し地点に思うことや好きなことを連ねます

BOYS ON THE RUN

 ここ数日、毎日誰かと会っていまして、その中からヒントになることや、ためになることを聞くことがたくさんございます。

 思えば、新年度に入った4月と5月頃は、人に会うより、じっと引きこもってビジネス書を読み漁ったり、ホリエモンYoutubeを見て、好きなことに夢中になって、それを仕事にする生き方をしようかナ?などと、なんとなくそれが良さそうかな?と思いめぐらしていました。大好きな北海道と関われる仕事ができないか?と、つながりを求めて走っていました。はてなブログもこのとき始めました。

 6月の起業家交流会が、私にとって刺激的な出会いでした。もうこの方向でいくしかないなと、「自身が確信」という、西武時代の松坂大輔のコトバのような気持ちに変わっていきました。

 

 そんでこの7月は、漁り読みから外に出て、人と会う機会が増えてきてます。昔から「類は友を呼ぶ」「以心伝心」の感覚を信じていて、嫌な人、会わない人っているのだから、商売だからと言って、基本的に、無理に相手に合わせることはないと思っています。職場とか対お客様だと、どうしても合わせないわけにいかなくなってしまうこともありますね。

 それでも以心伝心で、こっちがあまり気が乗らない人は、相手も気が乗らなかったりすることが多いです。

 今月は自分の好きな人とばかり会っているので、こんなまたとない良い機会に、大いにリアルな生の声から、多くを学んでいきたいです。

 

 雇われの身から個人企業主へ、どんなことをするようになってるんだろう?

 

話は変わって…

この時期こんな曲はいかがでしょうか? 高校野球の地区大会が大詰めです。白球追いかけて懸命に走る、守る、打つ。親御さんが準備に追われながらもしっかり見守って頂き、若き君たちにどうか、一生の思い出づくりに一曲をDOUZO!

 

youtu.be