ゆるーいのがいいね

人生折り返し地点に思うことや好きなことを連ねます

居眠り運転防止法

 長時間の運転や、お昼ご飯を食べてすぐの運転、夜間の運転、渋滞のろのろ運転、単調な景色の高速道路運転…、様々なシーンで、襲ってくるのが『睡魔』、お心当たりはありませんか?

 

 営業で走り回っていたおかげで、眠くなるシーンがスラスラ列挙できるほど、睡魔は大敵でした。昨日のちょいと遠乗りでは、珍しく午前中に睡魔が襲い、何度もコンビニで止まって仮眠しました。

 これまでは、昼食後に睡魔が襲うのがほとんどだったのに、昨日に限ってはほぼ眠気なく、その後は帰宅するまで、睡魔ゼロでした。こんなイレギュラーな日もある眠気、睡魔。これを防ぐ方法ってあるのでしょうか?

 

 眠気をすっきりさせるドリンク剤とか、ガム類があり、それなりの効果は期待できそうですけど、わたしはあまり使いませんでした。

 いろいろ試した結果、わたしは休憩するのが一番効果的に眠気がとれます。10分、15分しっかり寝る!これが最もいいように思います。仮眠をとると脳も活性化して、また運転や仕事に集中できるそうです。

 でも、運転中に眠くなるのが一番怖いわけでありまして、すぐに止まれないときがホントに辛いです。不甲斐なくも、後続車にあおられたり、車線を逸脱しそうになったり何度したことか。高速道路上や、バイパスという、走行速度が高い道路でクルマが巡行しているところでは、パーキングエリアや、一旦出口でおりて、一般道で休憩できるところに行くことも場合によっては考えた方が良いです。

 休憩スポットは、何と言っても重宝するのがコンビニ、道の駅です!ロードサイド店という業界用語ができるくらい、主要幹線道路やその他あちこちにコンビニができたおかげで、昔に比べて休憩のためにクルマを停めやすくなりました。

 運転中の眠気対策として、同乗者とおしゃべりしたり、ガムを噛んだり、飴を口にしたり、ラジオやカーオーディオのボリュームを上げたり、大声で歌ったり、あとは膝をつねったりして、眠気から神経をそらせるという方法が、その場しのぎではありますけど、やむを得ません。

 営業で走っていた時は、ほとんど一人だったので、気が緩むせいか、眠くなることが多かったです。しかも前の晩が寝不足で、翌日にそこそこの時間を運転となると、昼には必ず仮眠するように、最初から決めていました。こうでもしないと、運転中の眠気にはもちろん勝てませんし、午後からの仕事そのものにも支障をきたします。

 

 前の晩に自分にとってベストな睡眠をとり、昼間は少々長くなってもきちんと仮眠をとって、リフレッシュするか、多分これくらいしか睡魔から避ける手はありません。

 そしてより注意が必要なのが、かぜ薬や鼻炎薬などを飲んでからの運転です。わざと眠気を促進させる成分が入っていますので、これらを服用した場合は効き目が切れるまで、運転を控えましょう。けれどもどうしても運転をしなければならない時は、ただ仮眠するだけでは、睡魔が去ってくれないことがありますので、より慎重な運転を心がけてください。