ゆるーいのがいいね

人生折り返し地点に思うことや好きなことを連ねます

カーエアコン ぼちぼち寿命か?

 暑くなってきました。

梅雨の中休みだけどほとんど夏本番と言ってもいいくらい、じっとしていても汗がにじみ出てきます。北海道でも場所によっては気温が30度を超えたところもあったようです。

 

 朝から家族で外出した帰り、もう外気温は30度を超えていた昼ごろ、クルマのエアコンは、止まっていると冷風でなく生暖かい風が吹いてきました。

 そんでもってひとたび走り出すと、冷媒が冷やされてクールな風が吹いてくるわけで、そろそろエアコンも寿命かなあ、体温の高い乳幼児はチャイルドシートに固定されて座っているから、大人が感じる我慢の範囲以上に、過酷な暑さとなっているだろうなと思うと、かわいそうになってきました。

 

 今のマイカーは15年落ちの軽自動車で、乗り出してちょうど2年になります。前のオーナーが、エアコンの修理をしたかどうかはわかりません。昨年の夏も、止まってたら風が生ぬるかったような気がします。しかし、ほとんど乗ってるのはわたしだけでした。というのも、クルマで通勤と営業業務に使っていたので、まだ我慢できました(仕事上の我慢の方が何十倍もありましたし……)。

 以前にも軽自動車を新車から乗っていたことがあり、その時も2年目の夏は、止まっている時や、猛暑の時間帯になる、処理能力を超えているかのようにエアコンの風がイマイチ冷たくなくなっていたような気もします。軽自動車のちっちゃいエンジンだから仕方ないという部分もありますね。

 660ccのエンジンで、人と車体とを足して何百キロのもの重量物を走らせながら、エアコンのコンプレッサーを回し、ダイナモ(発電機)も回して電気を作るって、夏場は特にかなり無理をさせていると思います。同じことを、1500ccや3000cc以上などの排気量のエンジンにもやらせていますから、いかに軽自動車のエンジンがタフで丈夫かってコトにもつながります。

 そう思うと、いとおしくなります。

 エンジンはまだ元気だし、まだ当分今のクルマに乗ろうと思っています。収入が減っている分、クルマの修理代、特にエアコン修理は不具合の場所によっては、数万円から十何万かかかりそうで、とても痛い出費です。また今年は車検も控えています。

 

 でももう、自分ひとりが乗るクルマじゃない。家族が乗るクルマなので少しでも快適になった方がいいし、ケチった結果熱中症にでもなったら目も当てられません。それを思うと、必要経費として何とか捻出して修理!ですね。