ゆるーいのがいいね

人生折り返し地点に思うことや好きなことを連ねます

今年も半分過ぎて

 2016年の折り返し地点にきました。

一言、休んでいるのに何という時間の早さ!といつも感じています。

 

 今年の3月ごろに上司から電話があった時、

「長いこと休んでたらヒマやろ?」と言われました。

思わず「そんなことですよ。」と言い返しました。

 朝から晩まで仕事漬けの毎日を送っている人から見れば、わたしの一日なんて「ヒマ」にしか映らないでしょう。大事なのは、やっていることの中身というか、物事をやって何を得ているかが、とても重要なんだと思います。つまり、自分が能動的にやれていることができる環境なり、時間を持てている人は、毎日が充実し、人生をいい感じに送れていると思います。

 もちろん育った環境や、置かれている立場によっていろいろな考え方があり、わたしも別の立場であるなら、一日、半年、一年間を振り返った時、全然違う人生観となっているはずです。

 

 仕事漬けだった頃の同僚らとの口ぐせは、

「(さっき作ったのと同じような)リストを作ったら、給料もらえるんだから…。」と、どんなに理不尽と思われる仕事も雇われの身の特権である、『毎月給料が出る』を肥やしに、取り組んでいました。

 

 でも、自分の好きなことをとことん極めて仕事にすると唱えているホリエモンさんなどのような生き方もアリでしょう。しかし、『給料』の保証はありません。すべて自分にかかっています。家族も養わないといけません。

 

 ここで、毎日迷っています。

 

 ある独立した方に、「なぜ起業したのですか?」と尋ねたところ、

「もちろん起業しないでいたらそれなりの給料はもらえたけど、やっぱり職場の人間関係かなあ…。いくらやりたいことを提案しても聞き入れてくれなかったり、上の者下の者の顔色を見て仕事した挙句、わけのわからない方向に話がこじれて揉めたり、とにかく、一生懸命やっているつもりでも、自由を奪われるのが辛かった。」

「もちろん、起業すると決めるのに不安はあった。一番大変だったのは、カネの工面で、いろんなとこからだいぶ借金したし、最初は売り上げが上がらず不安だらけだった。でも人間関係で苦しんだり、顔色見たりすることは一切なく、逆に自分のやりたいことで朝から晩まで必死だった。」と回想していました。

 

 明日どうなるか分からない会社に勤めて、きちんと給料が手に入る人生をとるか。

 明日どうなるか食いぶちすら分からない起業で、自分の特性を仕事にするという本来の目的である『社会を良くしていくため』に直接関わっていくか…。

 この二択を迫られている『今』も、やがてどちらかに進みだしたら、あの頃は良かったという思い出になるのでしょう。