ゆるーいのがいいね

人生折り返し地点に思うことや好きなことを連ねます

座学で知識を蓄え、外出して刺激を受ける

 今日から、我が家のスペシャルウイークが始まります。

子供の誕生日と、その周辺イベントが中心で、週末に祖父母、叔父叔母らが集まって、さぞ賑やかになることでしょう。一升餅も予約しました。ビールとノンアルコールビールもたくさん貯蔵してます。

 週明けは1歳児予防接種も予定しています。予防接種の後は、わたしの精神科受診、そんでその次は…と、来週まで何かと予定が入っています。

 この感覚、働いていた頃を思い出します。びっちりのスケジュールに追いうちをかけるように、これでもか!と入るお客様からの問い合わせや、クレーム対応…。

 

 リアルに思い出しただけでゆううつになるので、ネガティブな思いでは脇に置いて、今日何年かぶりに、取引先にいた人らと会いました。

 皆さん、当時勤めていた会社から変わり、なかなか時間が合わずにいた中、少しの時間を作っていただいて、ようやく実現しました。ちょっとした同窓会みたいな感じでした。

 それぞれに過ぎた時間の分だけ、大なり小なり出来事があったようで、各々話が出る度に「えーっ!」「まじでー!?」の連続です。

 昔は良かったばなしもいいけれど、年追うごとに困難になってきている今を、何とかして乗り越えていくパワーをもらうことができたり、悩んでいるのはあなただけじゃないよと言えたり、思えたりすることができたのは、本当に良かったです。

 ここんところ、PCに向かうか、本を読むかで、外の刺激や人と会う時間がめっきり減っています。それも必要だけど、たまには外に出て自分の五感アンテナを張り巡らせたり、会ってみたいと思う人に会って、そこから何かいいヒントを持って帰るのも、大事なことだと思います。