ゆるーいのがいいね

人生折り返し地点に思うことや好きなことを連ねます

やっと重い腰を上げる④

 「休むことが仕事」、このキーワードは、ジャパニーズビジネスマンのはしくれだったわたしのハートにぐさりと突き刺さり、貴重な時間を有意義に過ごそうと、少しずつポジティブ思考へ移行していく自分がいました。

 

 時は流れ、2017年の4月、新年度がスタートします。妻は職場に復帰、子供は保育園に入園し、平日は夕方まで、自分の時間ができるのです。

 想像だにしなかった自分だけが使える平日の時間。

 

  朝からうちの隣り近所から、ウイーーンという掃除機の音や洗濯物を干す音という、家事サウンドが響いてきます。

 ほとんどの家事を妻がやってくれてた、家事を毎日毎日こなすのって、思った以上に大変で、しかもリアルに経験するとは…と、しみじみ噛みしめるのでした。

 特に思ったのは、とにかく時間の経つのが早いってことです。

 ビジネス書とかにはしばしば、仕事する上で時間は、人間皆平等に24時間与えられている…と記述されていますね。

 家事も全く同様です。いや違う、もっとシビアに、皆さん共通のご家族のための時間管理ですから、もう待ったなし。経験のない食事の支度など、早めに取りかからないと、1時間2時間などあっという間で、 腹ペコを通り越して、イライラだけが残って、そういう時に限って作った料理が何故がマズいんですよ(笑)。

 

 洗濯、掃除、買い物、たまにやる夕食の支度をさっ引いた残りが、自分時間になります。

 家族と自分のこれからのためになるヒントはないかと、ビジネス書や感心ある書籍を、かつてない程よく読み漁っています。

 いろんな人のブログを読む機会も増えて、リアル100%生活しか知らなかった自分に、インターネットという世界を、じっくり観る機会を与えてくれた、貴重な時間。

 

 そのきっかけとなったのが、ホリエモンこと堀江貴文氏の「99%の会社はいらない」との出会いです。

 

https://www.amazon.co.jp/99-の会社はいらない-ベスト新書-堀江-貴文/dp/4584125252

 

 この一冊と出会ってから、今までの人生観までをも変わってしまいそうになりました。

 これからは自分の好きなことを見つけよう。見つけたらとことんやって、仕事にしていこう!

 で、ごちゃごちゃ考える時間があるなら、とにかくやってみようという思考を採り入れてみることにしました。

 

  一方「ブログを書いて不労所得、不労収入…」という書き込みの多いこと!

 それらはとても丁寧に説明しているものばかりで、思わずやってみようかな、なんて心が頭をもたげそうになります。

 だが、それにしてもだ、これだけ楽して稼げるなんて、マユツバじゃないか…と、25年前の価値観を引きずっている自分には、話が出来すぎて、またはそんな才能が無くて、まぁ無理と他のビジネスを模索しています。

 

 そんな中、あるブログで、同様にアフィリエイト収入の話が書かれておりまして、またかと辟易していたところに、ひとつだけ、目に止まったくだりがありました。

「とにかく何でもいいからブログを書いて、書きまくって、慣れて、ブログって楽しいなぁと思えたらいいですよね…」みたいな文章。

 そおかあ〜、何でもいいから書いて、ブログと親しくなってみる。これいいなぁと、これまで、書き込むなんて、ツイッターとかフェイスブックをちょいちょいたしなむ程度の自分の重い腰を「ヨイショ」っと上げてみたのでした。

 いつまで続くか全く未知のブログアップ。ゆる~く楽に、肩の力を抜いてやってみようということでございました。

 

 

やっと重い腰を上げる   おわり