ゆるーいのがいいね

長い療養休暇から仕事復帰に向かう境遇でのブログです。

災害と町おこし

先月の大阪北部地震と、先週の豪雨災害。

ここ数年の災害は、起こるとたちまち死傷者が多く出ます。

この文面を借りてご冥福をお祈りします。

 

ふたつの災害は、わたしの住む地域のすぐそばで起きていて、とても他人事に思えません。

地震のときにしろ、台風とその後の豪雨にしろ、やれやれと思う頃にどっと疲れが出るのは、気のせいだろうか、それとも家族や周囲のことで神経が過敏になっているからだろうか。

被害は無くても、精神的に疲れます。

先月の大阪北部地震では、知人宅が被害に遭いました。

今月の豪雨災害では、知人の親戚が避難所生活を送ったり、自衛隊に救助された話を聞きました。

 

平成七年の阪神淡路大震災も経験しました。

その時も実家はかなり揺れました。バイト先の人の家族が亡くなられたり、全壊した人も居ました。

神戸に用事があり、瓦礫の上を歩いて目的地に行くこともありました。

その頃も私なりに恐怖に感じていたのですけど、今は家族を守る立場。責任感を持ったり、歳をとって臆病になっているからか、阪神淡路大震災の自分よりも、恐怖感が違います。

 

話が変わりますが、国あげて『地方創生』と言われていて、各地でも様々な町おこしのプロジェクトが盛んに行なわれています。

人口減少が社会的に大きな問題になり、自治体としても、補助金などを最大限に活用して、懸命に取り組まれています。

わたしもこれは大いに賛同します。

旅を通じて、都会から離れた場所の豊かな自然、優しい眼差しの土地の人々に囲まれているだけで、都会ですり減った神経が癒されます。

なくてはならない大切な地域。

 

ここに防災の意識も国あげて高めていく動きが、都市も地方も関係なく必要ではなかろうかと日頃から感じます。

西日本では、南海トラフ地震の懸念があると言われているのに、わたしはじゃあ何すればいいの?という意識の低さです。

全然ダメですよね。

防災グッズひとつとっても、要るなぁー…。でも、非常食は定期的に交換しないといけないし…と思うだけで億劫になり、結局何もしない。

地震が起きた時も、風呂に水を張って余震の時に備えよう…と思っても、でも子どもがちいさいから、風呂で溺れるかも…。なんてこともまた気になる。

あー言えばこー言うで、何にもできてません。

 

地域活性化、イコール都市集中から分散、歴史的にみる離合集散の繰り返しのプロセスを踏んでいく。

と同時に、火山大国日本に住んでいるという自覚を、頭の片隅に持つことから始めていかねば、これからの日本ではやっていけなくなると独りで悶々としています。

自転車を譲りました

メルカリで、ついに大物の自転車を売りました。

10年近く乗ってきたロードバイクを、一旦手放し、また乗れる時が来たら必ず復活させるぞ!という強い決意のもと、昨日佐川急便に持ち込んできました。

 

これまでいろいろなことをかじってはまた次とやってきた中で、自転車乗りは最高のストレス発散でした。

大好きな旅行よりもさらに手軽です。

乗り物の中ではオートバイよりも、クルマよりも、何がイイって、自分の足で前に進むことでしょうか?

景色の流れは、歩くより早く、クルマやオートバイよりもゆっくりで、ちょうどいいのです。

ペダルをひと漕ぎひと漕ぎ、風を切って走る瞬間は、どんなに仕事のストレスが溜まっていても、自転車に乗ってる時は言いようのない喜びにひたれます。

大阪から京都の嵐山まで淀川と桂川沿いをゆっくり走ったり、クルマで神戸まで行き、そこから自転車道を走ったりと、ぼちぼちと走らせてきました。

アプリで雨雲の動きを見ながら走らせたり休んたり、日の出と日没の時間を確かめて、スタート時間を決めたりと、自然相手の自転車乗りというのも、とても自分に向いていて、楽しかったです🚲

 

普段は、自室に保管し、カバーを被せていましたが、子どもが大きくなるにつれて、部屋の物色が激しくなり、そろそろ自転車にも関心を持ち出しそうでした。

売れたお金は、わが家で今最も必要な子ども用シート付きの電動アシスト自転車代に充てます。

いろんな意味においてロードバイクと対極をなす自転車です。

 

f:id:kunohetou:20180628095537j:image

国内?海外?

インバウンド観光客が当たり前のようにいろいろな観光地を訪れています。

私たちが海外に旅行に出た時も、その国の人たちからは、日本人をインバウンド観光客を見る目で見るんだろうなぁと思いながら、旅行者の傍らを通り過ぎます。

 

日本の将来という観点は、経済の世界からだと、人口減少などの理由で先行きが不安に感じます。

一方のアメリカや新興国などは、まだまだ元気がいいように映ります。

働き口も、英語などできる方歓迎という文言が目立つようになっています。

 

グローバルな視点を持つ見方に変えて、これからは仕事など考える方が何かと面白いのかもと思うようになりました。

日本を悲観的に見るのではなく世界の中の日本という観点を持ち、お互いが助け合って、協力し合って盛り上げていく。これからの若者の未来のレールを敷いていくのが私たちの努めだし、やりがいがあるのではと考えます。

地震が起きて

ごぶさたしています。

6月18日月曜日7:58、突然ガクンガクンと床が縦に暴れ出し、そこらじゅうの物が動き始めた。

あまりに急なことで、そろそろ出かけようとしていた家族に衝撃が走った。

地震!妻が子どもを抱いて隠れよと机の下を指す。わたしは、ラジオをつけて机の下に潜り込んだ。その間もまだ揺れている。

スマホから、「地震です。地震です。」とけたたましいアラーム音とともに告げる。当事者にとっては恐怖を煽る以外の何物でもなかった。

縦揺れよりも怖いのはその後に来ると言われる横揺れの方だ。

阪神大震災の時は、横揺れが長く、寝床から吊り下げ型の蛍光灯が落ちてきたり、本棚やタンスがいとも簡単に倒れてくるのを目の当たりにしたのを思い出す。

うちの家財よ、倒れないでくれ!と揺れている間ずっと願った。

 

ラジオから、地震発生時の対応について繰り返し説明と「震源は大阪北部…」が聞こえてくる頃には、揺れも収まってきた。幸い横揺れの時間は短かったので、家財の損傷はなさそうだ。

揺れが無くなっても、しばらくは机の下にうずくまってじっとしていた。

家族の無事を有難く思う瞬間だった。

 

先週一週間、アデノウイルスにかかっていた子どもを診てもらいに、正確には「治った」というお墨付きをもらいに小児科へ向かった。

その間保育園に電話を入れるが全く通じない。

まさか、停電?それとも問い合わせ殺到で混線してるのかなと思いながら4、5回架電を試みるが結果は同じ。

小児科から判定OKをもらい、保育園に着くと、非常体制なので、できる限り自宅保育をお願いしますということで、ほほ事実上の休園だった。

身近に影響を受けた最初のことだった。

以後、何度かやってくる余震。ついさっきも震度2ではあるがあった。余震が来る度に大きいのがくるかもと、身構えてしまう。

 

高槻市の小学校で、 ブロック塀が倒れて亡くなられることが問題視されている。

今回感じたのは、通学路のことも含め、災害はいつでも起こりうるから、起きてからの対応を良く考えて、いつでも実行できるようにすること。

外を歩いていると、ブロック塀だけではなく、街路樹や電柱、信号機などの公共物が自分目がけて襲ってくるかも知れない。

 

また交通機関の混乱で、都市部の脆弱性がまた問題となっている。

企業関係者に特にご理解を願いたいのは、地震に限らず、災害は起きるという観点でこれから動いていけないものかと考える。

鉄道やバスは、震度の高い地震が起きれば、まず安全の点検をする。そのために運休や遅延が出るのは、何もおかしな事ではない。

それよりも、我々消費者側や企業などの意識を変え、災害発生時からの対処法を考えた方が無難です。

 

就職戦線なかなか手強し

ごぶさたしています。

就職活動(就活)に集中して、しばらくブログを開きませんでした。

三月中に決めたかった、四月中に五月中に…、あっという間に六月になりましたというのが、率直な感想です。

 

先月半ばからは、応募書類を出すペースを上げて、週2社くらいを応募してみようと動いています。

転職エージェントの方も、目を通しています。

応募書類を出せる企業が決まったら、『職務経歴書』作成に集中して書き上げます。

こんなことをしていると、一ヶ月なんてすぐに過ぎます。

精神的には働いているよりははるかにマシでしょうが、なかなかどうして、就活も思うほど甘くないです。

 

年齢制限のない求人でも、いざ問い合わせると「30代まで」だったり、求人票を出して10日ほどで募集を締め切った会社があったりと、いろいろな特色があります。

もちろん条件を選ばなかったらたくさんの求人票から手当り次第応募すればいいです。

しかし給料面や、通勤時間などで自分のフィルターで選別し、その中でマッチングをかけた結果、やっと1社か2社に応募できる感じです。

 

リクルートスタイルの大学生を見かけた時、オレも君たちと同じく就活中だよ!と心の中でつぶやいています。

違うのは、私は経験を持ち、大学生の皆さんははなんてたって『年齢』というとても素晴らしいものを持っています!

経験はない、つまり真っ白な状態の新人というのは、育てると覚えるのも早く、体力もあって若さは私にとって恐ろしい武器です。

お互いがんばりましょう!

 

人それぞれ

“個人差”というものに、これほどまでに客観的に見たことがなかったと思いました。

小さな子供たちは、一生懸命に生きています。手を緩めるとか多分そんなことを考えながら日々を送っていないと思います。

子どもたちの親御さんと話すときや、わたしたちが子どもの友達を見た時に、〇〇ちゃんは普通に会話しているね!とか、〇〇くんはとってもアクティビティーに走り回るねとか、うちの子はよく食べて、ころんと寝るね!などなど。

するとそれを聞いた親御さんたちが、羨ましがるのです。わたしも正直言ってあります。すごいなあ、そんなこともできるんだ!なんて言ってる心の中は「羨ましい」です。

しかし、幼児のころの数年間での個人差で憂うことはないと思うんです。そんな一歳や二歳で大人並みに話すことや、かけっこがとても速いとか、そんなもの、小学校に入ったら大体同じ能力に並ぶでしょう。

おしゃべりもでき、本も読め、ひらがなカタカナも言えるし書ける。

幼児期の個人差に気を揉む必要はないと思うのです。

 

そうやって子どもたちの成長を見守る我々仕事バリバリ世代も、大量の問い合わせに対応することや、書類との格闘に明け暮れていると、さっさかやって終わる人もれば、なかなか終わらない人もいます。

人それぞれ得手不得手があるので、人より苦手だなあとマイナスにとらえるより、大体の人は思いもよらないことで悩んでいるという現実を学び、『これでいいのだ!』と言えるようになりたいですね。

五月病に注意!

少しブログから離れていました。

 

4月から子どもの通う保育園が変わり、保護者が送りと迎えには、日々の着替えや昼寝用の寝巻きにタオルの交換、おむつの補充などをするようになりました。

子どももやっと今の保育園に慣れ始めたころで、我々親も上記のルーティーンに慣れ始めたなあといったころです。

たまたまおとといのラジオのトークで、この4月から新しい生活スタイルに変わった人達は、ちょうど今ごろから体調が崩れ出す時期になります…、というのを耳にし、まあそうだなあと言うくらいで聞き流していました。

ところが、昨日の昼ごろから体調が一変、急にお腹が痛くなり、ハローワークで求人検索をしていたのですが、苦しくてしばらくパソコンの画面の前で頭を抱えていました。

検索を止めトイレに駆け込みました。下痢で、吐き気もありました。

これはすぐに家に帰ろうと決め、あわてて帰り、布団を敷いて寝ました。

妻と子どもが帰ってきたら、医者に行こうと思うほどでした。

 

医者に行くと、急性胃腸炎と診断されました。熱も38.2℃ありました。

数年に一度の確率でかかってしまう、厄介な病気です。

原因は、ウイルス性のもので、接触感染が多いらしいです。

予防するには、こまめに手を洗うこと。

整腸剤を、下痢が治まるまで一日3回、毎食後に飲む。

脱水症状が危ないから、水分補給する。

いっきに飲むと、戻す恐れがあるので、大体30分ごとにコップ4分の1くらい入れて飲むのをのどの渇きが止むまで続ける。

これで、大抵は次の日には治っていると医師からの話しでした。

 

そして今日の昼過ぎくらいに、見事に快復しました。

治ったかと思ったら、今度は妻も同様の症状にかかっていて、感染対策遅かったか!気をつけねば!と、反省です。

手洗いの大切さを思い知りました。

 

今の子どもが生まれた産婦人科で、手洗いはおとうさんが一番しっかりしてあげてね。一番外に出てて、いろんな菌を持って帰ってくるから…。というひと口アドバイスも思い出しました。

インフルエンザに家族全員がかかったとか、そんな話をよく耳にするように、わたしも妻もいっぺんに体調を崩すと、子どものことがおろそかになります。この度の胃腸炎でこれが一番大変だと気づきました。気をつけないとたびたび起こり得ることですね。

そして、季節の変わり目、新生活、ライフスタイルの変化に慣れ出すころの五月病にも気をつけたいです。