ゆるーいのがいいね

人生折り返し地点に思うことや好きなことを連ねます

二人の経営者から学んだこと

 今日は、知り合いのところに遊びに行きました。

老舗のクライミングジムを経営している方で、久しぶりに会って、以前よりも増してザ・社長業をされてました。話を聞くと以前からそうでしたが、ここで言うところのザ・社長業とは、「社員のサポートに回ること」を言います。

 よく、経営コンサルタントの言うところの中小企業の“社長業”と言うと、銀行融資などの資金調達業務や、決算書作成などと言った、お金に関する社長ならではの仕事を意味すると、昔そう言ったセミナーで教わりました。

 でも、実際の社長というのは千差万別でして、業歴や事業規模によって、それはもういろんな方がいますし、いろんな形態がありますし、それが会社の顔と言いますか、それぞれものすごく知恵を絞って出たものがにじみ出ているものだと思います。

 よって、原則として社長というのは、その業種の実務的なことは、社員に任せて、社長にしかできない仕事をするのが理想と、ひとっからげには言いきれないものだと思うのであります。

 

 昨日と今日は、経営者直撃インタビューみたいに、経営者に会っていろいろと話し込んできました。お二人の業歴や事業内容は、まったく違いますが、ふたりに共通しているところは、社員が都合で与えられた仕事ができなくなった時は、その事をとがめるのではなく、社長自らがフォローにまわるという事です。

 お客様あっての仕事ですから、昔からよく言う、部下のミスは上司が責任を取るみたいなカタチですね。

 

 思うに、従業員を抱えている会社の社長は、あまり実務で動くよりは、参謀本部で作戦を立てている方が良いとも思います。

 でもやはり、穴埋め的な仕事を受けるのは、ギリギリの人数でやっている会社なら、その穴埋めを既に業務を抱えている社員にさせるよりは、経営者が穴埋めに回るのが良いように思います(もちろんケースバイケースです)。

 

 わたしも、何らかの仕事をやるべくあれこれ考えているわけですが、従業員を雇うということが全然考えられず、一人で仕事するつもりでいます。

 一人だと、経理から実務まで何もかもすべてやらなければならないので大変なのは重々承知です。それが自分の性に合っていると分析してます。

 そして仕事はやりながら軌道修正を行って、次の仕事、次の事業計画という風にやっていけるから何とかなるものですと。昨日と今日会ってみて、先ずはとりあえず始めること!と教わりました。なので、最も大切な『これがやりたい!』ということが思いついたら、即実行というのが、今まで会ってきた経営者の、よく言われるアドバイスで、非常に重要なポイントです。

居眠り運転防止法

 長時間の運転や、お昼ご飯を食べてすぐの運転、夜間の運転、渋滞のろのろ運転、単調な景色の高速道路運転…、様々なシーンで、襲ってくるのが『睡魔』、お心当たりはありませんか?

 

 営業で走り回っていたおかげで、眠くなるシーンがスラスラ列挙できるほど、睡魔は大敵でした。昨日のちょいと遠乗りでは、珍しく午前中に睡魔が襲い、何度もコンビニで止まって仮眠しました。

 これまでは、昼食後に睡魔が襲うのがほとんどだったのに、昨日に限ってはほぼ眠気なく、その後は帰宅するまで、睡魔ゼロでした。こんなイレギュラーな日もある眠気、睡魔。これを防ぐ方法ってあるのでしょうか?

 

 眠気をすっきりさせるドリンク剤とか、ガム類があり、それなりの効果は期待できそうですけど、わたしはあまり使いませんでした。

 いろいろ試した結果、わたしは休憩するのが一番効果的に眠気がとれます。10分、15分しっかり寝る!これが最もいいように思います。仮眠をとると脳も活性化して、また運転や仕事に集中できるそうです。

 でも、運転中に眠くなるのが一番怖いわけでありまして、すぐに止まれないときがホントに辛いです。不甲斐なくも、後続車にあおられたり、車線を逸脱しそうになったり何度したことか。高速道路上や、バイパスという、走行速度が高い道路でクルマが巡行しているところでは、パーキングエリアや、一旦出口でおりて、一般道で休憩できるところに行くことも場合によっては考えた方が良いです。

 休憩スポットは、何と言っても重宝するのがコンビニ、道の駅です!ロードサイド店という業界用語ができるくらい、主要幹線道路やその他あちこちにコンビニができたおかげで、昔に比べて休憩のためにクルマを停めやすくなりました。

 運転中の眠気対策として、同乗者とおしゃべりしたり、ガムを噛んだり、飴を口にしたり、ラジオやカーオーディオのボリュームを上げたり、大声で歌ったり、あとは膝をつねったりして、眠気から神経をそらせるという方法が、その場しのぎではありますけど、やむを得ません。

 営業で走っていた時は、ほとんど一人だったので、気が緩むせいか、眠くなることが多かったです。しかも前の晩が寝不足で、翌日にそこそこの時間を運転となると、昼には必ず仮眠するように、最初から決めていました。こうでもしないと、運転中の眠気にはもちろん勝てませんし、午後からの仕事そのものにも支障をきたします。

 

 前の晩に自分にとってベストな睡眠をとり、昼間は少々長くなってもきちんと仮眠をとって、リフレッシュするか、多分これくらいしか睡魔から避ける手はありません。

 そしてより注意が必要なのが、かぜ薬や鼻炎薬などを飲んでからの運転です。わざと眠気を促進させる成分が入っていますので、これらを服用した場合は効き目が切れるまで、運転を控えましょう。けれどもどうしても運転をしなければならない時は、ただ仮眠するだけでは、睡魔が去ってくれないことがありますので、より慎重な運転を心がけてください。

安全確認がクルマの全てに通じる

 自動車運転シリーズまた書きます!

 今日はちょっとだけ遠出してまいりました。その時のヒヤリハットをひとつお話してみます。

 

 高速道路のサービスエリア、パーキングエリアでは、多くの人々が朝から晩まで利用しています。

f:id:kunohetou:20170724221805j:plain

※写真は、高速道路ではないようでして、イメージでご覧ください。

 休憩が終わって、さあ出発!とハンドルを握ってゆっくりと人込みのある、本線誘導路をゆっくり走っていました。

 右に若いカップルがいて、平日なのにどこにドライブに行くんだろう?尾張小牧ナンバーだし、朝からここまできたのかな?とボーっと見てたら、ちょうど、トイレやみやげ物店などの施設の通路から、横断歩道を渡ろうとした年輩の男性がすっと出てきて、あわや接触しかけました。 

 

 こういうほんのわずかな瞬間に、危険は潜んでいます。

 

安全確認

これがクルマの運転では何よりも大事で、交差点に入るときやお菓子購入で寄ったスーパー、とにかくすべてのシーンで、前後左右をよーく確かめてから次のアクションを起こします。

 

今日は、この辺で。

 

コンプライアンスの闇

 日曜日、蒸し暑く、クマゼミの大合唱は相変わらずだけど、曇ってて散歩&買い物にはいい感じです。

 今日は、OFF日ということで、家で家族とゆっくり過ごすことにし、ブログとちょっと調べものでパソコンを開いてみました。

 

 長期で休んでいる間に、始めて2ちゃんねるで、勤めている会社関係者たちはどんなこと書き込んでいるんだろうと開いてみると、相変わらずというより、さらに酷く、とげとげしくなっていました。

 そこで久々にみるキーワード『コンプライアンス』をみて、仕事していた時を思い出しました。ふた言目にはコンプライアンスコンプライアンスと、社内規定の厳格化をお題目のように上司も部下もみんなでいちいち言い合っていました。

 それにより、だいぶんクリーンな風が浸透して、つまらないスケベ根性とか、ごまかしとか横着する人は減りましたし、そういう人の肩身が狭くなった風になってきたのは、いいことです。

 自分自身も、偉そうなことを言えた柄じゃなく、雑な書類のせいで関係者に迷惑をかけたり、トラブル発生時の対応について、年食ってる割には交渉力は弱腰で情けないながらも、幾分かはNOと言える機会も増えたと思います。

 

 ところが、いいことだけではありません。正しいことは、やっぱり良いことであるので、それに努め続けなくてはならないのは、重々承知です。なのに何がいいことではないかと言いますと、慣れないうちは、正当さを証明するために、膨大な書類を作成しなければならなくなり、労働時間が増えてしまったことが挙げられます。周りから見れば、書類が増えるくらいなんだ!ごまかしてコンプライアンス違反がばれて、責任を取るのにそれこそ膨大な、場合によっては計り知れない損失を負うことになる。それが分からんのか!というのが、会社側の言い分です。

 テレビでもそう言う時は大きく取り上げ、場合によっては、会社がつぶれてしまうことだってあります。言われなくても承知しております。なぜなら、責任をとる矢面の者と言えば、まず現場にいる私たちですから、普通の感覚の人ならコンプライアンスに関しては神経を使って対応します。

 しかし、人間の能力なんてたかが知れています。よく我々の大先輩たちが申していた、猛烈に働いた頃、高度経済成長期の話。よくよく聞くと、忙しくて毎晩午前様だった。そのかわり残業代もそれなりに出た、と。

 今は違います。問題になっているのは、みなし残業、サービス残業、残業カットです。残業したい人の理由はそれぞれあります。特にやらねばならない仕事もなく、長く会社にいて残業代を稼ぐ人もいないとは言えないでしょう。

 それもそれでどうかと思いますが、会社側のやり方の方が、より酷いです。労働者は時間を提供しています。サービスすることで、最高の生産性を提供していることになります。

 これこそが、コンプライアンス違反じゃないのでしょうか?

 

 こんなことになった最大の原因は、働く人の数が増えないことだと思います。

 時間の提供で、働く人が増えないままでも、事業をまわしているんです。凄いことです。それだけ会社に忠実な社員は、正に会社の宝です。わたしのように半ばドロップアウトしている者からみても、とてつもなく強大な精神力をもって、会社、顧客、そして家族のため一心不乱で働いている人達です。

 

 経営者なら、もう社員からの搾取はこのくらいにして、今の人員に見合った規模の事業体系にシフトしていただきたく切に願うのであります。

 

 無理も過ぎれば 己に帰ります

ブラックの味

お題「コーヒー」

 

 思えば高校くらいまで、コーヒーは苦くてうまい!とは思えなかった頃が懐かしいです。

 大学になって、北海道旅行に行った先で、美瑛(びえい)という町にあったその名も『珈琲館』という小さな喫茶店で淹れてくれた一杯から、コーヒー飲みへの味覚に目覚めました。

 

 それまで、一生ブラックなんか飲むことはないなと断言できるくらい、コーヒーの苦さに嫌悪感があったのに、一緒に連れていってくれた旅の道連れがこぞって砂糖もミルクも入れず、お店の奥さんもブラックがおいしいよと、北海道のやさしいアクセントで勧められ、じゃあ飲んでみようかな~と、何も入れずやや恐る恐る口にしてみました。

 熱い湯気を上唇に感じながら湯気の向こうから寄ってくる、透明感ある濃い茶色の水面を一口ごくんと流してみました。

 

 苦い!!マズい!という先入観でジャッジしようとした瞬間の後に、おっ!いけるぞ!!という不思議な感覚。先に下したジャッジをさっと取り下げ、うまい!に脳内で逆転判決をしたことが忘れられません。

 以後、そのお店には美瑛に滞在中は、可能な限り毎日通って、奥さんの淹れるコーヒーにぞっこんラブ(死語!)してました。

 

 なぜ、あれだけ飲めなかったブラックコーヒーが一転して受け容れられるようになったのか……

 

 そのお店のコーヒーの豆は?と聞くと、確かキーコーヒーのブレンドだったようで、別段特別な豆ではありませんでした。

 何だろう?何だろう?なぜこんなに美味いんだろう?

 あまりにも不思議で、ついにお手上げになった時、たまたま居合わせたお客さんが、ぽつりと「コーヒーのおいしさは、水とこの景色とお店の雰囲気だね。」と、さりげなくまとめていました。

 なるほど、水と景色と雰囲気ねえ。言えてます。『水』これほんとに大事ですね!当時地元大阪の水道水は、今ほどうまくなかった頃で、北海道の、とりわけ美瑛町の水は、十勝岳の雪解け水が美瑛川を流れ、それが飲み水となっている、一級品のお水です。

 それと、波上にうねる丘に、パッチワーク模様の畑が続く景色を眺めると、それだけでリラックスして、味覚が促進されますね。

 お店の雰囲気といえば、のんびりがぴったり当てはまりまして、自分の家の応接間を、お客さんに開放したようなところで、木の壁のいいにおいのする空間に、飼い猫がいて、誰ともなくが、置いてあるギターをつまびいてその生音に浸りながら飲む一杯。こりゃ、美味いに決まっておろう。

 

 珈琲館はその後、場所を転々と変え、今その家族はどこへ行ったか定かではありません。

 けど、きっとまた新しく住んでいる土地で、近所の人にくつろぎと、コーヒー好きを増やすための空間を提供していることでしょう。

運転している時のあれこれ

 一年で最も暑い時期に入りました。

どうか熱中症には十分お気をつけ下さい。毎年のこととは言え、朝からぐんぐん気温が上昇していくのがよく分かります。

 クルマのエアコンも朝からつけて走行するのですが、日が射すと気温の上昇が特に早く、おまけにかんかん照りの日光がクルマの冷却能力を越えていくので、特に軽自動車はほぼお手上げ状態に近いです。

 

あの場所を通ると… 

  いろいろな所を走っていると、前に来たことのある景色に出くわした時、その頃のことを思い出したりすることってありませんか?

  たまたま昨年まで通勤していた勤務先周辺を、用事で一年ぶりに通ってみたところ、あの、胸の奥がぎゅーっと押さえつけられる状況が再発してきました。

 そんなバカな!と、回復している自分しか見ることのできない感情に、まだダメなんだと自分の現状を思い知るのでした。

 

 ここで一年前のことを書くと、暗くなるので先に進めまーす。

 

 一人で運転している時は、ラジオを聴きながらが多いです。ラジオも聞かずに運転に集中している人が職場の同僚にいました。ごくたまにエンジンの音だけで走らせることがあっても、いつも聴かないなんてとても耐えられません。

 一方、家族の中では妻はテレビ派、子供はまだ小さいから何も分からないと思ったら大間違いで、時々ぐすって泣き出した時、あやすのにいろいろ試した結果、アンパンマンのテーマソングを流すと、ピタッと泣き止んで機嫌を取り戻します。実に素晴らしい曲です!

 ということで、こちらも三人三様という結果でなかなか面白いです。

 

温度

 毎年恒例の夏場の軽自動車走行、天気予報で猛暑日と言われたら、エアコンは弱くなります。

 余談ですが、オートバイだと、それがもっと厳しくなり、まさに『夏熱く、冬は寒い』乗り物です。特に夏の暑さはオートバイ自体が熱を持って懸命にエンジンなどが放熱していますので、ライダーはそれを浴びなければなりません。

 若い頃は、オートバイが好きで乗っていましたけど、若くて健康だからこそ乗れるのだとその頃から噛みしめていました。

 これが普通車になると、夏場のエアコンの効きが全体的に向上している風に感じます。今まで乗り継いだクルマでも、普通車に関しては、夏場もがんばって室内に快適に冷気を送っていました。大きなミニバンなど、大きな室内のクルマにはほとんど乗ったことがないので、ちょっとわかりません。

 以前、マイカーのエアコン点検のことに触れたように、軽自動車はどうしても部品がコンパクト設計になるので限界があるが、普通車になるとある程度部品の大型化がしやすくなるから、エアコンに関しても、性能の良いものが搭載できるという話です。

 夏休み期間中に遠出を計画しておりまして、出発するときは、よく冷房が効いて快適に巡航できると思います。

 で、休憩のとき、休憩後の出発がもし炎天下の場合、冷房能力がいっきに下がることが予想されます。ひとりのときでもそう感じますから、家族も同乗だと、不快指数はうなぎ登りは必至。さあどうすっぺかと、あれこれ考えています。

  • 対策1 降車時もエンジンつけっぱなし作戦

 キーを2つ持ち、エンジン用とドア用と使い分けて、常に車内は涼しい風で循環させます。でもちょいとエコじゃないですね。

  • 対策2 休憩後、エンジンルーム内のクーラーコンデンサーに水をかけて冷ます作戦

 こちらはちょっと期待できそうです。クーラーコンデンサーとは家庭用エアコンで言う室外機ことで、ここに風を当てて、冷媒(フロンガスなど)を冷やします。冷やす風が涼しいほどよく冷えますので、一丁やってみようかなと思います。雨降りを想定しています。

 

直射日光

 こちらに関しては、後部座席のドアガラスに吸盤を貼りつける日よけを使っています。格好よりもお手軽なのを重視しました。景色は見えないけど、太陽のまぶしい光はかなり低減されてるようで、妻子は気に入っている様子です。できたら今後は、リアハッチドアにも、日よけを取りつけてみたいです。

 

におい

 クルマ独特のゴムが焼けた匂いとか、汗臭いのとか気になります。でもって、芳香剤も慣れると効かなくなったりで、最近やってるのは、時々ファブリーズをスプレーしています。これがなかなかいい感じにくさい匂いを消してくれます。おまけに除菌(気休め程度)もしてくれてるようで、今のところお気に入りグッズです。

 

最後に

 これまでにも、オイル交換のことからちょいちょいとクルマのケアについて書いてきました。お仕事や家事、育児、趣味のことでクルマに割く時間は、給油と車検くらいとなりがちです。

 でも、クルマは精密な機械の集合体で、家族のために大きな力を出して、目的地まで運んでくれます。家族の一員とまではいかなくても、たとえば手洗いで洗車、いやふき取りだけでもやってみると、何だか知らないけどクルマのことがちょっと分かる気がします。洗車を自分の手ですることによって、タイヤの溝が浅くなってきたとか、ボディーの細かい傷に気づいて、知らない間にこすってたんだな、今度から気をつけようとかいう風に、普段気づかないいろんな情報を知ることができます。

 そうして、クルマのことを知り、運転や取扱いに気を配れるようになっていくんじゃないかと乗ってて思います。

いろんな情報が入る乗り物に

情(乗)が入る

 

おそまつさまでした!

朝の通勤運転

 これまで、通勤といえば、クルマでした。なので、たまーに乗る通勤ラッシュ時の電車は、ブログのネタにもしてしまうほど、シロートであり、はー?と思われるかもしれないが、まだ新鮮でさえもあります。

 

 ところが、通勤も営業でのクルマ運転もしなくなり、近所を流す程度の走りに慣れてしまうと、知らず知らずのうちに運転に対する集中力が落ちていることに、気づいたのでした。

 たまに朝から夕方まで長時間の運転をし、途中で休憩したときの疲労感が、明らかに大きいと感じたのでした。前の晩は十分な睡眠をとっていてこの疲労感は??

と、振り返って、これはどうしたものかと…。このままでは家族で出かけるとき、休憩しっぱなしになって目的地に着かないゾと、以前のレベルまでとは言わないけど、勤めていたとき並みまで走行はせず、そこは気持ちに余裕を持った運転計画で、クルマを走らせようと決めました。

 

 朝の通勤ラッシュ時の道路、渋滞するポイントや、抜け道を覚えてみたり、懐かしい感覚です。

 

でも、クルマの運転で意外と見えにくい運転の時間が、朝と夕方だと思います。特に晴れた日、家から東に向かって運転し、帰りは反対の西に向かっての運転となります。いずれもの場合も太陽に向かう恰好となるので、行きも帰りも太陽を追っかけていかねばなりません。

 こんな過酷な時間帯には、サングラスを掛けて走るのもありです。目に優しいですよ。

ただ、太陽が雲に隠れて暗くなったり、トンネルなど暗いところに入ったら、すみやかにサングラスを外してくださいね!

 

 もう一つ、最も気を付けて運転しているルートとして、通学路やそれに準じた学校周辺の道を走るときです。

 このシーンは、何年たっても緊張します。通学路プラス自転車の往来が激しい住宅街の狭い道は、注意度ほぼMAXで慎重に運転しましょう。